救助・警防関係の資機材を紹介します

大型油圧救助器具

主に交通事故の時に使用します。エンジンユニットを動力源として、油圧の作動により、鋼材等を切断したり、広げたりすることができる器具です。

空気呼吸器(レスマスク付き)の写真
空気呼吸器(レスマスク付き)

火災現場の濃煙や酸素欠乏現場等において、消防隊員の呼吸を確認するための器具です(この呼吸器は、要救助者も使用できるマスク付きです)。


救命索発射銃

高所や中洲などの孤立した場所に、ロープを展張する時に使用する器具です。(空気圧を利用して、硬質ゴムのゴム弾又は水難救助の時には、浮環弾を発射することができます)。

マルチガスモニターの写真
マルチガスモニター

酸素・可燃性ガス・一酸化炭素・硫化水素の濃度を測定できる器具です。


ユニツールの写真
ユニツール

長野原分署救急車に配備。主に交通事故の時に使用します。外部の動力源を必要とせず、油圧の作動により、手動にて鋼材等を切断したり、広げたりすることができる器具です。

熱画像直視装置

吾妻東部指揮1に配備。熱画像カメラは、暗い場所や煙のため視界が妨げられている場所での捜索や、救急消防活動を支援するための装置です。


吾妻広域消防本部
  〒377-0801 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町35番地
  電話:0279-68-0119(代表:東部消防署通信室)  FAX:0279-68-5080