救急関係の資機材を紹介します

患者監視装置

傷病者に装着し、心電図・血圧・脈拍・血中酸素飽和度等を観察する資機材です。

半自動除細動機

心電図の波形で心室細動と呼ばれる状態の傷病者に電気的刺激を加えて、正常な状態に戻すための資機材です。


携帯用人工蘇生器

現場で人工呼吸や酸素投与が必要な時に使用する器具です。

自動心臓マッサージ器(ルーカス)

心肺停止の傷病者に使用します。圧迫深さと頻度が安定し、絶え間ない胸骨圧迫心臓マッサージを行う器材です。


気道確保資機材

空気の通り道を確保するための機材です。



血糖測定器

低血糖発作が疑われる患者に対し、血糖測定を行い、低血糖が確認された場合は静脈路を確保し、ブドウ糖溶液の投与を行います。

ビデオ咽頭鏡
(エアウェイスコープ AWS-S200)

ターゲットマークを声門に合わせることで、より安全・確実に気管挿管できます。
頭部後屈せずに挿管が可能で、挿管困難時や緊急時の気管確保にも、スムーズな気管挿管をサポートします。


輸液セット
静脈路確保のための器材です。

吾妻広域消防本部
  〒377-0801 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町35番地
  電話:0279-68-0119(代表:東部消防署通信室)  FAX:0279-68-5080